【編集室】人気のジビエ料理、熱海ワナの会が「猪鍋」で義援金


熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」(松尾護会長)は12月14日、熊本地震への義援金として2万5467円を市社会福祉協議会に寄託した。11月23日に行われた来宮神社と伊豆山神社の新穀感謝祭・新嘗祭で参拝者に猪鍋を振る舞った際、募金箱を設置して寄付を募ったもので、来宮神社1万6235円、伊豆山神社9232円の善意が寄せられた。
イノシシやシカなどの野生動物による農業被害は、全国で年間200億円。熱海市も例外でなく、昨年はイノシシだけで約75万円の農作物被害があった。同会は毎年、市内数カ所に鉄製のおり(高さ約1メートル、横幅約1メートル、奥行き約2メートル)を設置、昨年はイノシシ253頭を捕獲した。
全国ではこうした、やっかい者をジビエ(狩猟による鳥獣肉)として食べることで、農作物への被害を減らす取り組みが広まっているが、熱海市には食肉処理施設がなく、大部分は捕獲した土地に埋められたり、エコ・プラント姫の沢(廃棄物処理施設)に運び有料で焼却したりしているという。
食用に使うのはごく一部だが、あったかーい鍋にしてふるまった。筆者も伊豆山神社でごちそうになったが、思ってた以上に柔らかく、美味。それより何より、体が温まり、疲れが吹っ飛びそうな感じがするのが実にいい。


来宮神社



伊豆山神社

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る