【観光】梅と椿の交換で「梅まつり」開幕 ミス熱海とミス大島が花添える 



熱海梅園で1月7日、第73回「梅まつり」が始まり、初日から多くの観梅客でにぎわった。オープニングセレモニーでは、中島幹雄熱海市観光協会会長、森本要副市長のあいさつに続いて、伊豆大島の橘田竹弘副町長と小池祐太広観光協会副会長が壇上に立ち、両市町のシンボルである梅と椿を交換し、交流を深めた。
この日は人気和太鼓奏者の滝川佳宏さんと熱海囃子(ばやし)笛伶会(てきれいかい)の演奏や熱海芸妓衆のあでやかな舞い、ミス熱海の撮影会、甘酒の無料サービスがあり、大島町も椿小鉢200人分を来場者に配り、1月29日から始まる椿まつりをピーアールした。
◆ミス熱海 梅の女王=熊谷明日可、梅娘=小松莉星、梅澤美咲、桜娘=稲生薫子、永井優里
◆ミス大島 ミス大島=高田蛍、椿の女王=殿村舞子
◆熱海梅園「梅まつり」(1月7日~3月5日まで)入園料一般300円。


冬至梅の蜜を求めるメジロ








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る