【市政】新議長に川口健氏を選出、副議長は竹部隆氏

熱海市議会は6月22日、6月定例会最終本会議を開き、第81代議長に川口健氏(49)=3期・自由民主党議員団、第80代副議長に竹部隆氏(69)=1期・同を選出した。申し合わせによる任期は議長2年、副議長1年。2015年5月から2年間務めた杉山利勝議長と昨年就任した小森高正副議長が申し合わせにより辞職し、この日の本会議でそれぞれの選挙が投票で行われた。
議長選挙では川口氏が13票、井沢共一氏(53)=4期・共産が1票。副議長選挙は竹部氏が13票、白票1だった。
議長に当選した川口氏は本会議で「2年連続で宿泊者数が300万人を超え、明るい兆しが見え始めた一方で人口減少や少子高齢化、税収の減収など行政課題は山積している。これらの解決は多事多難。微力ではあるが歴代の多くの先輩方が残された功績を汚さないように全力を尽くす」。竹部氏は「川口議長を誠心誠意補佐し、皆様方のお力添えをいただきながら、公正かつ厳格な運営に努める」とあいさつし、議員に協力を求めた。

同日、各常任委員会と議会運営委員会の委員も決定した。委員会の構成は次の通り(敬称略、◎は委員長、○は副委員長)。
【総務福祉】◎山田治雄、○泉明治みずほ、高橋幸雄、竹部隆、米山秀夫、井沢共一、和田翔平【観光建設公営企業】◎田中秀宝、○稲村千尋、杉山利勝、川口健、越村修、金森和道、小森高正【広域行政】◎越村修、○高橋幸雄、川口健、小森高正、和田翔平、米山秀夫、泉明治みずほ【公共施設整備】◎金森和道、○井沢共一、稲村千尋、杉山利勝、竹部隆、山田治雄、田中秀宝【議会運営】◎高橋幸雄、○金森和道、稲村千尋、杉山利勝、山田治雄、田中秀宝、議長、副議長


川口健第81代議長


竹部隆第80代副議長


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る