【観光】速射砲にびっくり、15分で5千発 ハプニングで30分を半分に短縮


熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が7月28日、熱海湾であり、2万5千人の観衆が訪れた。しかし、開始時刻の午後8時20分を過ぎても恒例のカウントダウンが一向に始まらず、観衆からどよめきが起きた。打ち上げ前に海上保安庁の監視船が、海釣り公園近くの立ち入り禁止区域内に船が不法に入り込み、花火を見物しようとしていた人たちを発見。ここで待ったがかかり、この船の退去作業で15分遅れの開始となった。終了時間は消防等に届けているため、変更できず、15分で5000発を打ち上げるという異例の速射砲となった。1952年(昭和27年)にスタートした熱海海上花火大会で天候以外の理由で開始時間が大幅に遅れたのは初めてという。
(熱海ネット新聞)
◆主催 熱海温泉ホテル旅館協同組合
◆花火打ち上げ時間 通常20:20→20:50、今回20:35→20:50
◆観衆=2万5000人

花火動画はコチラ…花火フィナーレ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る