【文化】尾崎紅葉生誕150年記念事業 「金色夜叉」シンポジウムでスタート



熱海市は、熱海の名を全国に有名にし、市の発展に寄与した「金色夜叉」の作者である尾崎紅葉(1868~1903年)の生誕150周年記念事業を9月2日、スタートさせた。来年1月17日の「尾崎紅葉祭」にむけて、この日のシンポジウムを皮切りにフォトラリー、寸劇、講談、記念式典を実施する。
シンポジウムは「泉都(せんと)開史―近代熱海温泉の発展と文学・メディア」をテーマに起雲閣で開かれ、「熱海温泉誌」執筆者の瀬崎圭二同志社大准教授が「文学が映す熱海の近代」、高柳友彦一橋大専任講師が「近代熱海の発展を支えたインフラ」、大久保あかね日本大教授が「メディアと観光」をテーマににそれぞれ講演。温泉誌作成実行委員会代表の内田實さん、熱海高の桑田幸奈さん、田中奈々子さんらを交えたパネルディスカッションも行った。
(熱海ネット新聞)
今後の尾崎紅葉生誕150年記念事業は下記の通り。
■フォトラリー(10月7日~12月17日)「貫一お宮の像」「尾崎紅葉筆塚」など市内5カ所のフォトポイントを巡って記念撮影。景品進呈。
■寸劇「金色夜叉」(11月11日)熱海梅園「もみじまつり」のオープニングに合わせ、熱海芸妓が梅園内イベント広場で披露。
■講談(12月23日)女流講談師一龍斎貞鏡さんが講談「金色夜叉」を市いきいきプラザで上演。
■記念式典(1月17日)熱海出身の女優二宮さよ子さんが「金色夜叉」の別れの場面を語る。「貫一お宮の像」前広場。
問い合わせは市文化交流室☎0557-86-6289〉へ。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る