【市政】相模トラフ大地震を想定、漂流者を救出 熱海市総合防災訓練










防災週間に合わせて熱海市は9月3日、相模トラフを震源とした大地震を想定して網代小学校をメーン会場に市内16カ所で総合防災訓練を行った。午前9時に大規模地震が発生し、市内で震度6弱を観測。各所で山崩れ、家屋の倒壊、道路の陥没、一部地域で火災が発生し、多数の負傷者。電気、ガス、水道及び通信施設にも大きな被害が発生し、交通機関はマヒ状態――という想定で行った。熱海署、市消防、陸上自衛隊、下田海上保安部、熱海市医師会など37団体を含め、地元住人や自主防災関係者などおよそ3000人が参加した。
メーン会場となった網代小学校では、同9時1分に災害対策本部を設置。網代地区(片町、南町、宮町、宮崎、町場、栄町、旭町、緑町)の自主防災会など500人が参加。齊藤栄市長、川口健議長、藤曲敬宏県議らが見守る中、応急手当、水パックの作成・配布、炊き出し、救護所設置、負傷者一覧の作成、イメージトレーニング、無線土新訓練などに取り組んだ。網代港では漂流者救出、緊急支援物資輸送訓練を実施した。
■市長が総括「自助、共助、公助を大切に」
閉会式のあいさつで齊藤栄市長は「防災技術、意識は毎年進化している。今年参加した人も来年もまた参加してほしい。まず自分の命を守る。そしてそれを地域の皆様の命を守ることにつなげる。行政としてもハード、ソフト両面で安心安全のまちづくりに努めていく」と話し、自助、共助、公助の大切さを訴えた。
(熱海ネット新聞)







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る