【観光】総入園者19万4309人、うち宿泊者は9万2902人/梅まつり

「梅まつり」が閉幕した熱海梅園で、遅咲きの梅たちが次々に開花している。全体としては見頃過ぎ入ったが、「見驚(けんきょう)」「東錦」「武蔵野」「緑萼枝垂れ」などが咲き誇っている。これからきれいになっていくのが「白獅子」乱雪」。もっとも遅咲きの「開運」が大トリを務める。
熱海市によれば、今年の「梅まつり」(1月6日~3月4日)の総入園者は19万4309人。前年を864人(0・4%増)上回った。最も多かったのは2月11日の7795人。入園料の徴収を始めた2011年以降では3番目に多かった。このうち、宿泊者は9万2902人。総入園料は約3681万円で前年より7・9%増えた。
(熱海ネット新聞)
写真=3月7日撮影



見驚



武蔵野

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る