7月の例大祭に向け御鳳輦コースを入念に下見/来宮神社厄年奉賛会

来宮神社例大祭(7月14~16日)まで1カ月を切った6月17日、本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」(川本数章会長)は、御鳳輦渡御コースの下見を行った。
女子部を含めて22人がお揃いのネービーブルーのTシャツ姿で参加。来宮神社で雨宮盛己宮司に説明を受けた後、湯前神社、JR熱海駅、熱海サンビーチ、渚小公園などの各コースや休憩所、接待場所を見て回り、休憩場所や所要時間などをメモして本番に備えた。
各所で御鳳輦世話人の岡田実さん、鈴木吉郎さんや芥川暉祭典委員長、吉田耕之助常任副委員長、来宮神社神職から渡御の際の注意点などの指導を受けた。熱海サンビーチでは神事の際の祭壇や御鳳輦の位置、海中渡御の注意点などを入念にチェックした。天狗習礼・着付け教室も行われ、御鳳輦準備は最終段階に入った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が、節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。7月の来宮神社例大祭(14~16日)では、16日の神幸祭で猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦(神輿)が氏子町内を渡御する。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれの第一小、桃山小の卒業生で構成。










 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る