火星が地球に大接近、赤い輝き熱海でも 花火観賞後は天体観測

火星が7月31日夜、15年ぶりに地球に最接近し、熱海でも南の方角の夜空に明るく輝く赤い火星を肉眼でも見ることができた。この夜は熱海海上花火大会があったが、終了後も熱海サンビーチの砂浜やホテルなどで多くの観光客や市民が天体観測を楽しんだ。
火星は、太陽を中心に円軌道を回る地球のすぐ外側でだ円形の軌道を公転しており、2年2カ月ごとに地球に接近する。この夜は5759万キロまで接近(遠い時は1万キロ)。6000万キロを切る「大接近」は、2003年以来、15年ぶり。次回の大接近は17年後の2035年の9月11日でという。
火星は地球の1つ外側の惑星。水が流れていた跡や有機物が見つかっていることから、生命が存在する可能性があるとして、各国が観測や探査を強化している。日本でも火星探査の計画が進んでおり、フランスと協力して、火星の2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」に探査機を着陸させて地表の物質を地球に持ち帰るプランを検討しており、6年後の打ち上げを目指している。将来的には火星に人を送る計画もある。
(熱海ネット新聞・天体取材班)


国立天文台HPより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る