齋藤栄氏に当選証書、熱海市初の4期目は「宿泊税」でうるおいのある街づくり

熱海市選挙管理委員会(吉田耕之助委員長)は9月10日、市役所で当選付与式を行い、熱海市長選で当選した現職の齋藤栄氏(55)に当選証書を手渡した。4度目の当選を果たした齋藤氏は「熱海は回復したといわれるが、まだまだ課題は山積している。それらを解決するとともに中長期的に熱海が発展する礎を作ることがミッション。全力で邁進していく」と抱負を述べた。
選挙公約で掲げた宿泊税の導入については「観光のお客様を増やし、その結果として市民の皆様の生活がうるおうまちづくりをする。その新温泉地モデルを実現するには、新しい観光財源をしっかり確保する必要がある。その一つの方策として宿泊税の導入を考えている。全国の温泉観光地では導入したところはまだないが、宿泊業者の皆様としっかり議論を重ねて着実に進めていきたい」と話した。
13日まで任期があるため、4期目の初登庁は14日になる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

吉田耕之助委員長から当選証書付与

齋藤栄市長のあいさつ

川口健市議会議長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る