サンビーチの宵の海辺で閑雅な舞/熱海芸術祭「月の道 薪能」



熱海サンビーチの特設舞台で9月22日夜、「舞踊・常磐津・囃子と月の道薪能―熱海の森羅万象に捧ぐ」があった。日が暮れ、幻想的な月明かりと篝火(かがりび)がたかれた会場には、熱海湾の潮騒とともに「ヨー、ポン」の掛け声や鼓(つづみ)音が響き、およそ2000人の観客を幽玄の世界に誘った。

新作初演「月光」では、室生流能楽師・辰巳万満次郎さんシテを務め、おぼろ月が海面を照らす「月の道」を通って船で登場。ゆっくりと舞台に降り立ち、熱海の自然の美しさを讃える舞いを初披露した。
熱海では、満月の夜、相模湾の水面にこの地特有の自然現象である「月の道」が出現する。この夜も雲に覆われた幻想的な月明かりの下、闇夜に浮かぶ舞台の上で幽玄な様が繰り広げられた。

芸術の祭典「熱海芸術祭」の一環で行われ、今年で3回目。来宮神社の雨宮盛克宮司の舞台お祓いの儀に続いて熱海芸妓衆が「江戸祭り」「深川節」「三下り甚句」の舞を披露。火入れ式後は花柳あらたさんが常磐津「千代の夕鶴」が優雅に踊りを披露。辰巳満次郎さんが演じる大トリの能「乱(みだれ)」ではお約束のようにくっきりと月が姿を見せ、市内外から訪れた人たちが日本の伝統芸能を熱心に見入った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
観客=2050人(主催者発表)


C17E041D-91A6-4316-9E5D-7C289CCC40EA
動画
新作初演「月光」



能「乱(みだれ)


齋藤栄市長


舞台お祓いの儀




熱海芸妓




常磐津「千代の夕鶴」


熱海笛怜会


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る