【熱海をどり】桜をテーマに長唄「舞妓」 20代芸妓が5人

【解説】今年の熱海をどりは「桜」をテーマに構成され、長唄の「舞妓」が選ばれた。舞妓から連想される桜は枝垂れ桜・おぼこ桜・八重桜…可愛らしく可憐な桜。
そのイメージにあわせ若手を積極的に起用。初舞台を踏んだ最年少の笑千代さん(21)をはじめ、全員が20代の芸妓が立方を務め、若い世代の観客を呼び込んだ。
(構成・振付・舞踊指導=花柳あらた 長唄指導=坂田仙蔵)

 

 

◇てまり 小夏
◇ゆめ美 静(一部) 愛千代(二部)
◇ひな鶴 笑千代
◇菊乃 りょう

◇唄 あやめ、一馬、初玉、紅花
◇三味線 初菊、玉竜、千代菊

 

舞妓メーン

 

DSC_9172ss

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る