【文化】起雲閣「千鳥の間」で「佐藤弘人 春の陶展」

 

ゴールデンウイーク期間中、熱海在住の気鋭の陶芸家・佐藤弘人さん(47)が起雲閣「千鳥の間」で「佐藤弘人 春の陶展」を開催。海彩・銀河・欧路羅を思わせる土に秘めれられた色彩を表現した器を展示、販売している。

土を掘ること、扱うことを愛し、土そのものの持つ美しさを求めた佐藤さんは、メキシコや瀬戸赤津で修業した後、出身地の熱海市に「遊彩陶房」を構えた。

熱海梅園や西熱海の土で作陶し、藁灰釉(わらばいゆう)をかけた器や光で輝く独自に編み出した「耀変(ようへん)」の器を手掛けている。

多くは日本橋高島屋、渋谷東急本館、東京大丸百貨店、新宿京王百貨店など都内で個展を開いており、起雲閣での開催は3回目。来場して初めて佐藤さんの個展を知った観光客が、”現地価格”で販売されている佐藤さんの作品を買い求めている。陶芸展は5日まで。

(熱海ネット新聞)

 

DSCN3049

銀河茶碗

 

オーロラ

 

DSCN3048

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る