【花】新緑がまぶしい熱海梅園で”山法師”がお出迎え

 

新緑に包まれた熱海梅園で、初夏の風物詩「ヤマボウシ」が見ごろに入った。梅園橋を渡り「郷愁のランプ展」を開催している澤田政廣記念美術館に向かうと十字の白い花が出迎えてくれる。
「花」と書いたが、白いのは花でなく葉の変形した「苞(ほう)」。和名は山法師。総苞を白い頭巾をかぶった山法師に見立てて名付けられたとか。
熱海梅園では6月1日から「初川清流のたる鑑賞の夕べ」が始まる。15日も園内では梅園ボランティアのみなさんが清掃作業を続け、人気イベントの準備を整えている。

 

 

DSC_1111ssp (1) DSC_1097ssDSC_1093sspDSC_1107ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  2. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  3. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
  4. 2022-5-14

    【お悔やみ】菅沼敏男さん(熱海市水口町)5月12日死去

    菅沼敏男さん(すがぬま・としお)5月12日死去、86歳。元熱海温泉ホテル旅館協同組合専務理事。熱海市…
ページ上部へ戻る