【市政】議員発議の「散骨場の許可条例の制定」案を全会一致で決議 

◇熱海市議会6月定例会最終日(18日、議場)
散骨場建設問題を受け、熱海市議会は議員発議で追加提案した「散骨等の設備及び運営の許可等に係る条例を求める決議案」を全会一致で議決した。
市議会は「市内の散骨場等設置および運営の許可などについて、早急な条例制定を強く求める」としている。議員を代表して山田治雄議員(民主)が提案理由を説明した。
市は市議会9月定例会を待たずに臨時議会で制定を目指す方針。事業者から出された新たな「初島沖に海洋散骨」計画については法解釈も含めて検討中という。

DSCN3595

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る