【市政】議員発議の「散骨場の許可条例の制定」案を全会一致で決議 

◇熱海市議会6月定例会最終日(18日、議場)
散骨場建設問題を受け、熱海市議会は議員発議で追加提案した「散骨等の設備及び運営の許可等に係る条例を求める決議案」を全会一致で議決した。
市議会は「市内の散骨場等設置および運営の許可などについて、早急な条例制定を強く求める」としている。議員を代表して山田治雄議員(民主)が提案理由を説明した。
市は市議会9月定例会を待たずに臨時議会で制定を目指す方針。事業者から出された新たな「初島沖に海洋散骨」計画については法解釈も含めて検討中という。

DSCN3595

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る