【社寺】伊豆山神社でウチョウラン展

伊豆山神社(原口尚文宮司)で21日、「野生ランの女王」といわれるウチョウラン(羽蝶蘭)の展示・販売会が始まった。ウチョウランはラン科の多年草で、花の形が羽を広げたチョウのように見えることからこの名がついた。

和ランを栽培している小林征男さんが育てた約60鉢が展示され、紅紫と白がまだらに混じった可憐な花に参拝者や地元の愛好家たちが熱心に見入っている。展示会は22日まで。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る