【編集室】熱海の有効求人倍率1・75倍 県内最高水準の怪

静岡労働局が27日発表した5月の静岡県内の有効求人倍率は1・07倍で、全国平均と比べると0.02ポイント低く、2カ月連続で下回っている。

熱海市はどうかというと、摩訶不思議な現象が起きている。ハローワーク三島・伊東管内(三島市、熱海市、伊豆市、伊豆の国市、函南町、伊東市)全体の傾向はおしなべて県と同様なのだが、熱海市の有効求人倍率だけが他地域より抜けて高いのだ。
4月現在の日本全体、県全体の有効求人倍率はそれぞれ1.08倍、1.05倍だったが、熱海市の有効求人倍率は1.75倍。平成24年7月以降1.0倍を下回ることなく続き、昨年12月には2.23倍を記録。その後も県内最高水準を堅持している。

要するに熱海市に限れば、市内に仕事があるにもかかわらず、働き手がなく、人手不足に陥っている状況。一部には人手が足りず、営業に支障がでているところもあるという。これも65歳以上の人口が42.1%という県内の市では最高の高齢化、右肩下がりの人口減少の影響なのだろう。しかし考えようによっては仕事自体は十分にあるのだから、贅沢な悩みではある。いい知恵はないものか-。

(編集主幹・松本洋二)

◇有効求人倍率 仕事を求めている人1人に対し、企業から何人の求人があるかを示す有効求人倍率。

客引き

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る