【社会】熱海駅前広場に待望のスモーキングエリアがお目見え

熱海市は駅前広場の整備に伴い、第一ビル前に日本たばこ産業(JT)の協力を得てスモーキングエリア(喫煙所)を設置、今週から供用を開始した。
高さ1.85メートル、幅2.4メートル、奥行き2.1メートルの透明の仕切り板を「コ」の字型に配置、据え置き型灰皿が置かれている。ポイ捨てや歩きたばこなどマナーを守らない喫煙者がいることから喫煙スペースを設けた。
これまで熱海駅頭には喫煙所がなく、長時間電車に揺られて駅を降り立った愛煙家のポイ捨てがまま見られたが、喫煙所ができたことでそれも減少。おおむね好評だという。

喫煙所

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る