【まちづくり】夏の風物詩「宮川マス釣り大会大盛況」 熱海市下多賀

熱海市下多賀の宮川で6日、「第49回下多賀宮川マス釣り大会」(下多賀町内会主催)が開かれ、この日を心待ちしていた450人釣りファンが駆け付けた。この大会は年間を通じて「宮川」の美化に取り組んでいる下多賀町内会(高木洋明会長)が宮川上流の宮中橋から下流の老松橋までの約500メートル間にマス約4000匹を放流し、釣果を競うもので今年で49回目を迎える歴史ある大会。

「町の川」を憩いの場に観光客と地区住民が一体となって水辺で交流できるイベントとして定着、下多賀地区の夏季誘客に貢献している。

近年は市外からの参加者も急増し、この日も川の両岸から大物を狙ってイクラなどを餌に釣り糸を垂らし、次々に60センチ級の大物を釣り上げた。

DSC_3643ssp (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る