【まちづくり】夏の風物詩「宮川マス釣り大会大盛況」 熱海市下多賀

熱海市下多賀の宮川で6日、「第49回下多賀宮川マス釣り大会」(下多賀町内会主催)が開かれ、この日を心待ちしていた450人釣りファンが駆け付けた。この大会は年間を通じて「宮川」の美化に取り組んでいる下多賀町内会(高木洋明会長)が宮川上流の宮中橋から下流の老松橋までの約500メートル間にマス約4000匹を放流し、釣果を競うもので今年で49回目を迎える歴史ある大会。

「町の川」を憩いの場に観光客と地区住民が一体となって水辺で交流できるイベントとして定着、下多賀地区の夏季誘客に貢献している。

近年は市外からの参加者も急増し、この日も川の両岸から大物を狙ってイクラなどを餌に釣り糸を垂らし、次々に60センチ級の大物を釣り上げた。

DSC_3643ssp (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る