【文化】かがり火の下、MOA美術館特設会場で薪能が開幕 

真夏の風物詩「第30回MOA美術館薪能」が1日夜、MOA美術館ムア広場特設会場であった。初島、伊豆大島の夜景を背景に能舞台がかがり火に揺らめき、幽玄の世界で観衆を魅了した。2日も行われる。

MOA美術館の薪能は、日本の伝統文化の普及、向上と地域社会への貢献を願って毎年この時期に開催され、夏の風物詩として定着するとともに、熱海市の文化レベルの高さを全国に発信している。雄大な相模湾を眼下に望み、火入れ式のころには、湾上に漁火が揺るぎ、海原は光のるつぼと化す。出演者のレベルの高さと相まってまって、屈指の人気を誇っている。

◇演目 1日が能「八島」、狂言「梟山伏」、能「殺生石」。2日が能「百萬」、狂言「長光」、能「岩船」。

DSC_6858ssp

 

DSC_6741sspDSC_6659ssDSC_6646sspDSC_6784ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  2. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  3. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  4. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
ページ上部へ戻る