【花】シグナル「レッド」、熱海梅園の”山法師”が「秋」の訪れを告げる

熱海梅園の澤田政廣記念美術館近くのヤマボウシ(山法師)の木がツブツブ入りキャンディーのような赤い実を付け、秋の訪れを告げている。3カ月前には十字の白い花(葉の変形した苞=ほう)が来場者を出迎え、夏の訪れを告げていたが、季節の移り変わりを示す信号の色が変わった。

同美術館では23(土)、24(日)の両日、夏休み子ども企画として「ナイトミュージアム」を開催。ガイドの案内のもと、館内の照明を消した真っ暗な展示室の中を懐中電灯の明かりだけで鑑賞し、ふだんとは違った彫刻作品の表情をうかがう。

 

DSC_8727ssp

8月15日のヤマボウシ(熱海梅園)

 

b1045月15日のヤマボウシ(熱海梅園)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る