【観光】夏の夜の南熱海を彩る盆踊り 網代・大縄公園 2日目

網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が14日、熱海市の大縄公園で始まり、およそ2500人の宿泊客や市民が盆踊りを楽しんだ。

網代温泉観光協会の主催で29周年を迎えた。公園中央に組まれたやぐらにちょうちんが飾られ、浴衣姿の宿泊客、市民らが三波春夫さんが唄う「熱海音頭」や「アジの開きの三度笠」「炭鉱節」に合わせ、にぎやかに踊った。踊りの合間にはスイカ割りや手持ち花火のサービスがあり、子供たちが競うように参加した。

15日も繰り広げられ、16日は網代湾で海上花火大会がある。

写真 (3)ajiro100DSC_8624sspDSC_8704ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る