【観光】日本最大級「3000mに270基のかがり火」で精霊送る 百八体流灯祭

お盆に迎えた精霊を送る「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。長浜ビーチから小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに270基のかがり火が一斉にたかれ、盆に迎えた先祖の霊を送り、無病息災を祈った。

同協会の富岡篤美会長によれば、南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を実施。飛び込んできた害虫をまとめて除去したという。そんな伝統行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火として復活。年々評判を呼び、近年は多賀地区最大イベントに成長した。当初は文字通り108基で始めたが、今年は270基まで増え、住民が総出で火をともした。京都の「大文字」のような大規模な送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級という。

海を見下ろす国道135号の歩道や砂浜では市民や観光客が集まり、夏の夜空を焦がす壮大な270基の炎をスマホのカメラに収めるなどして、過ぎゆく夏を惜しんだ。

 

IMG_6385ss

IMG_6146ssp (1)DSC_8597ss (2)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る