【社寺】鹿島神宮で御船祭、来宮神社と阿治古神社が鹿島踊りを奉納

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の12年に1度の水上祭「御船祭(みふねまつり)」が2日、鹿嶋市から千葉県香取市をむすぶ湖や河川で営まれた。利根川に設置された特設会場では来宮神社(雨宮盛克宮司・古谷勲保存会長)と阿治古神社(杉崎賢宮司・内田充保存会長)の鹿島踊り保存会がそれぞれ舞い披露した。

奈良・平安時代に鹿島地方で始まった鹿島踊りは鎌倉時代に海路で熱海にも伝わったといわれる。来宮神社からは27人、阿治古神社からは72人が訪問した。両保存会ともに3回連続の3回目の参加。

同祭は日本三大船祭の1つ。鹿島神宮の神様と香取神宮の神様が利根川を船を渡って会う神事で12年ごとに交互に訪問する。1700年前から伝わる鹿島神宮最大の祭典であらゆる邪気をはらう願いが込められている。

 

kino

写真=来宮神社

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る