【市政】市長に斉藤栄氏 大差で3選果たす

無所属の3人の争いとなった7日投開票の熱海市長選は、現職の斉藤栄氏が、新人で旅館業の森田金清氏(46)、前市議の田中秀宝氏(46)を破り、3選を果たした。
斉藤市政の継続を問う選挙戦は激しい三つ巴戦いが予想されたが、現職の圧勝だった。
斉藤氏は市の財政再建や新庁舎、新生熱海中学校の建設などの2期8年の実績と新たな「住まうまち熱海」を柱とする「新生熱海」を掲げて支持を広げた。

11131  斉藤 栄(51) 無現
6420  森田金清(46)  無新
2307  田中秀宝(46) 無新
※当日有権者数3万3682人、投票者総数2万11人=投票率59.41%=7日午後10時55分確定)

◇斉藤栄氏の話 明日から、3期目から今回の選挙戦で訴えた新生熱海。観光振興、商業振興に加えて市民のみなさんの暮らしを豊かにする新しい市政、福祉と教育も充実した新しい市政に全力で取り組んでいく。

◇斉藤 栄(さいとう・さかえ)昭和38年3月、東京都品川区生まれ。東工大工学部―同大大学院卒。国土庁職員(現国土交通省)、福祉専門学校職員、国会議員秘書を経て現職。清水町に夫人と2人暮らし。

 

DSC_1546ss

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る