【市政】斉藤市長が「蚊の駆除作業」視察で初島を訪問

熱海市の斉藤栄市長は19日、熱海保健所の後藤幹生所長とともにデング熱に感染した男性の勤務先がある初島を訪れ、蚊の駆除作業を視察した。地元住人ら約10人が島内全域の草むらやヤブを中心に噴霧器などを使って薬剤を散布した。

斉藤市長は「まずは島民の安全安心を確保することが大事。蚊の駆除を徹底することが風評被害の一番の対策」と話し、「市内での感染もゼロとは言えない。多くの観光客が来遊する市街地の観光施設の周辺でも駆除作業を検討したい」と続けた。島の民宿では蚊取り線香をたくなどして蚊対策を行っており、いまのところデング熱によるキャンセルは出ていないという。
初島では2週間後に再び駆除する方針。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る