【社会】あわや惨事、多賀中の通学路で土砂崩れ

大型で強い台風18号が熱海を襲った6日、多賀中の敷地内にある正門側の通学路でがけ崩れがあり、崩れた土砂が道路を埋めてフェンスを倒し、グラウンドにも雪崩れこんだ。市内の全小中学校は休校のため、生徒に被害はなかったが、避難所として開設されていた。
熱海市学校教育課 によると、がけ崩れは土砂が流れている状態で、土砂が止まった後で対応するという。同中では、復旧して安全が確認されるまでは、正門側の通学路を使用している生徒には迂回通学させる方針。

gake

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る