【まちづくり】JR熱海駅の駅舎・駅ビルの起工式、熱海のシンボルを期待

JR熱海駅の駅舎・駅ビルの起工式が29日、熱海駅業務棟建設予定地であった。JR東日本、湘南ステーション、市、工事関係者など47人が出席。雨宮盛克来宮神社宮司によるくわ入れなどの神事を行い、工事の安全を祈願した。斉藤栄市長は「熱海駅が熱海のシンボルとなり、民間の投資につながることを期待している」。JR東日本横浜支社・平野邦彦支社長は「熱海駅と街が一体となるよう街づくりの発展に寄与したい」と期待を込めた。
熱海駅の駅舎は昭和25年に建設されてから60年がたち、老朽化が進んで耐震性にも問題があることから建て替えらる。駅舎は平成27年秋、駅ビルは同28年秋の完成を予定している。駅ビル横に70台収容の駐車場も整備する。

◇新駅 延べ床面積が約7600平方メートルの鉄骨造りの4階建て。観光案内所や店舗などが入る駅ビル(湘南ステーション、栗田勝社長)を併設。外観は海のさざ波をイメージした青と白。大きな窓に温泉宿の障子を思わせる窓枠が取り付けられる。総工費44億9496万円。

 

外観パース

DSC04856

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る