【文化】釜鶴ひもの店の若旦那が「ひもの教室」

創業150余年、熱海の老舗干物店「釜鶴」5代目の二見一輝瑠(ひかる)さんが2日、熱海港で開催された「さおさかなフェスティバル」で体験型干物教室を開いた。
網代湾で朝水揚げされたムロアジと本カマスを使い、参加した9人の親子に干物作りのノウハウを伝授。子供たちには直接手をとって二枚おろしなどを指導し、塩漬けまでを手伝った。その工程を多くの市民や観光客が興味深く見守った。干物は3時間ほど天日干しして完成し、参加者たちは満足そうに持ち帰った。

11月4日は釜鶴の先祖で郷土の義人として知られる釜鳴屋平七の命日。今年は供養祭(熱海市)は行わず、11月4日まで「釜鳴屋平七150年祭」として干物が当たるくじ引きキャンペーンを実施している。

DSC_7596ss3

DSC_7593ss3DSC_7603ss3DSC_7552ss3 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る