【文化】門下生が稽古の成果を披露 新風会日本舞踊

文化の日の3日、熱海芸妓見番歌舞練場で「第24回日本舞踊 新風会公演」があった。花柳あらた・花柳輔之助日本舞踊教室の発表会で熱海芸妓衆ら門下生が日ごろの稽古の成果を披露した。会主の花柳あらたさんは熱海芸妓衆の日本舞踊の師匠で母子2代にわたって熱海の花柳界文化を支えている。

常磐津「廓(くるわ)八景」(小島美波)を皮切りに、大和楽「深雪」(花柳胡蝶)、長唄「手習子」(笑千代)、「藤娘」(稲川桃里)、「松の緑」(愛千代)、「汐汲」(小夏)、清元「玉屋」(あやめ)、常盤津「東都獅子」(静)、「山姥」(美鶴)、長唄「柳」(左京=花柳園左京)、常磐津「屋敷娘」(花柳玉藻)、清元「うかれ坊主」(関美=花柳あしほ)、長唄「花の三番叟(ちづ穂=花柳千蓮)、清元「傀儡(かいらい)師」(花柳扇輔)、萩江「鐘の岬」(宏紀=花柳みなも)、常磐津「もやい船」(花柳あらた)の演目を発表し、最後に小唄俗曲「大喜利」(熱海芸者衆)の吹き寄せを行った。

舞台は「女性のがん啓発応援公演」として開かれ、会場に女性のがん(乳がんと子宮がん)患者を支援するための募金箱を設置。寄せられた支援金は女性のがんを支援する団体「オレンジティ」に寄付される。

DSCN5503DSCN5497DSCN5531DSCN5521DSCN5543DSCN5535IMAG1666-1-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る