【市政】今度は共同住宅の固定資産税を過大徴収

熱海市が共同住宅などで固定資産税と都市計画税を過大徴収し、これに伴い、国民健康保険税の還付金があったことが21日、明らかになった。対象者は70人、過大徴収額は2814万1779円、還付金は82万9348円と市が発表した。
職員の対象家屋への利用活用状況の把握が不十分だったのが原因という。市は今年7月、介護施設など8団体・個人の固定資産税と都市計画税を過大徴収していたことを公表したが、共同住宅などについても調査し過大徴収していることが分かった。平成17年度から26年度までの10年間について返還する。
市は、対象者への連絡や文書による謝罪と説明をし、支払い事務を行うとしている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-6-7

    ジャカランダとブーゲンビリアを教材に市民教室 講師はまち歩きガイドの会

    熱海市は6月6日、観光ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」を講師に招き、市民教室を開いた。…
  2. 2023-6-6

    暗闇に幻想的な光跡 熱海梅園「ほたる観賞の夕べ」開催中

    熱海市の初夏の風物詩「ほたる観賞の夕べ」(市観光協会主催)開催中の熱海梅園に、幻想的な光を目…
  3. 2023-6-5

    熱海サンビーチの砂浜 黒山のような人だかり、花火見物で

    熱海市の熱海湾で6月4日夜、熱海海上花火大会(市ホテル旅館協同組合連合会主催)が行われた。観衆は70…
  4. 2023-6-4

    熱海市街が爽やかな青紫に ジャカランダ・フェスティバル開幕 

    熱海市のジャカランダ遊歩道で初夏の風物詩「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2023」が…
ページ上部へ戻る