【市政】衆院選で転出した有権者269人に投票所入場券送らず、市選管が発送ミス

第47回衆議院総選挙(12月14日)で熱海市から転出後3カ月未満の有権者269人に投票所入場券が発送されていなかったことが分かった。17日、熱海市選挙管理委員会が発表した。転出者から「届かなかった」の指摘があり、市の調査で分かった。印刷ずれがあり、シールを張って修正する手はずになっていたが、放置したままになっていたという。
転出後3カ月未満の人は熱海市の選挙人名簿に登録され、市から郵便で投票所入場権が発送される。269人のうち1人は身分を証明するなどして自主的に期日前投票したが、残り268人は投票できなかった。

◇斉藤栄市長 今回の件は人為的なミスが原因で起こったものであり、公職選挙法に「投票所入場券を交付するよう努めなければならない」という規定があることを考えれば、誠に遺憾といわざるを得ません。今後は再発防止に取り組み、市民の皆様の信頼回復に努めてまいります。

期日前投票

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る