【コラム】アタミ・フラフェスティバル2013開幕、全国100万人のフラ教室受講者の聖地へ

今年で13回目を迎える「アタミ・アロハフェスティバル」(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)が7日、渚親水公園レインボーデッキで開幕、参加者たちは熱海の遅い夏を満喫した。
青い海と空をバックに県内外から集まったフラダンス愛好グループが、自慢の踊りを披露する毎夏恒例の熱海のイベントで、今年もスペシャルゲスト・高木ブーさんのウクレレをはじめ、カマカ・ハワイアンズ、ワイキキ・サーフライダース、姉妹デュオのハニーズなどのハワイアンバンドの軽快な演奏が花を添えた。7日は31チーム370人、8日は19チーム310人の踊り手がエントリーしている。
熱海に限らず、全国各地でアロハフェスは開かれるが、その根底にあるのが、100万人を超す日本全国のフラダンス教室の受講者。ほとんどは地方の公民館などで学んでおり、にぎやかな舞台でのフラダンス披露を望んでいるという。ライトブルーの海とヨットハーバーを背に特設ステージで踊れる「アタミ・アロハフェスティバル」は、まさにあこがれの舞台。
しかも、ほとんどが温泉大好きで生活面でも余裕のある50歳以上の女性。年間を通じてハワイから一流の指導者を招き、ホテルや旅館に滞在型のフラスクールを作れば、集客にもつながる。
知人の出版社幹部によると、この雑誌不況の時代に、フラの専門誌「フラ ヘブン」「フラ スタイル」(季刊)はともに30万部を売り上げるという。ほとんどがフラの衣装やグッズ、ハワイの紹介。熱海のフラグッズの企画、開発も検討に値するのではないか。
【松本洋二】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る