【コラム】アタミ・フラフェスティバル2013開幕、全国100万人のフラ教室受講者の聖地へ

今年で13回目を迎える「アタミ・アロハフェスティバル」(主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合)が7日、渚親水公園レインボーデッキで開幕、参加者たちは熱海の遅い夏を満喫した。
青い海と空をバックに県内外から集まったフラダンス愛好グループが、自慢の踊りを披露する毎夏恒例の熱海のイベントで、今年もスペシャルゲスト・高木ブーさんのウクレレをはじめ、カマカ・ハワイアンズ、ワイキキ・サーフライダース、姉妹デュオのハニーズなどのハワイアンバンドの軽快な演奏が花を添えた。7日は31チーム370人、8日は19チーム310人の踊り手がエントリーしている。
熱海に限らず、全国各地でアロハフェスは開かれるが、その根底にあるのが、100万人を超す日本全国のフラダンス教室の受講者。ほとんどは地方の公民館などで学んでおり、にぎやかな舞台でのフラダンス披露を望んでいるという。ライトブルーの海とヨットハーバーを背に特設ステージで踊れる「アタミ・アロハフェスティバル」は、まさにあこがれの舞台。
しかも、ほとんどが温泉大好きで生活面でも余裕のある50歳以上の女性。年間を通じてハワイから一流の指導者を招き、ホテルや旅館に滞在型のフラスクールを作れば、集客にもつながる。
知人の出版社幹部によると、この雑誌不況の時代に、フラの専門誌「フラ ヘブン」「フラ スタイル」(季刊)はともに30万部を売り上げるという。ほとんどがフラの衣装やグッズ、ハワイの紹介。熱海のフラグッズの企画、開発も検討に値するのではないか。
【松本洋二】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る