【社寺】来宮神社の参集殿が完成 竣工奉告祭

来宮神社(雨宮盛克宮司)は24日、55年ぶりに建て替えた参集殿の竣工(しゅんこう)奉告祭を開き、氏子や神社庁関係者ら100人が出席した。
本殿での神事と記念撮影の後、参集殿大広間で直会(なおらい)を開いた。
雨宮宮司は「建て替えは先代の願いでもあり、みなさまとのご縁のおかげで竣工の日を迎えることができた。このご縁を一生忘れることなく心清らかにお参りできる神社をつくっていきたい」と話した。

◇新参集殿 鉄筋コンクリート造り地上1階地下1階。1階に「お守り授与所」と祈とう待合室、社務所。地階に最大150人を収容できる大広間とオープンカフェ「報鼓(ほうこ)」。屋上はご神木「大楠」への参道を兼ねた広場にし、露店や青空市が開ける。

神主

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る