【社寺】敬老観音で例大祭 中銀ライフケア

 

敬老観音の春の例大祭が23日開かれ、熱海市内の中銀ライフケアの入居者や社員ら約70人が参列した。中銀インテグレーションの渡辺蔵人社長のあいさつに続いて妙見寺(群馬)の小川晃豊住職によって大法要が営まれた。

 
熱海市を一望できる曽我山の山頂にそびえる敬老観音は参拝者の健康と長寿と幸を祈って昭和56年に中銀ライフケア設立者の渡辺酉蔵氏が建立。高さ約7メートルの観音像は伊豆出身の彫刻家、堤直美氏の作で法隆寺夢殿(奈良)のご本尊、救世観音がモデルになっている。
建立にあたっては急坂の狭い山道しかないため、ヘリコプターを使って安置され話題になった。

 
(熱海ネット新聞)

 

 

敬老観音

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  2. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  3. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  4. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
ページ上部へ戻る