【経済】伊豆大島で「椿まつり」開幕 大島のもう一つの玄関口「熱海」も観光復興を支援

伊豆大島(東京都大島町)で「第59回椿まつり」が26日、名称を「観光復興スタート・大島椿まつり」として開幕した。

毎年5万人以上が来場する島一番のビッグイベントだが、昨年10月16日の台風26号の土砂被害の影響で開催が危ぶまれていた。
「ミス大島」早川夏美さんの「開会宣言」で始まったこの日の開会式は、白井岩仁大島観光協会長、川島理史大島町長のあいさつに続き、伊豆大島のもう一つの玄関口である熱海市の斉藤栄市長と東伊豆町の太田長八町長らが紹介され、来賓のスピーチををした。

その後、ステージでは「ミス大島」、「ミス椿の女王」、「ミス雪椿」(大島町の姉妹都市新潟県加茂市)、「ミス熱海梅の女王」(平澤詩麻さん)がステージに並び、観光復興を全員でアピールし、開会セレモニーに花を添えた。

今年は2月8日に「椿の女王コンテスト」、同16日にオペラ「椿姫」コンサートとカメリアマラソン大会などが行われる。

◇キャッシュバック 東京都は復興支援事業として、椿まつり(1月26日~3月23日)期間中の大島発着便の利用者に 片道1500円をキャッシュバック。熱海から大島へは東海汽船のジェット船で45分。

【写真】熱海市観光協会

ミスミス6人

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る