【観光】糸川桜まつりが開幕、大塚氏が熱弁 

熱海市の糸川遊歩道で24日、第5回「あたみ桜・糸川桜まつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。この日に合わせたかのように、糸川の沿道に植えられた54本のあたみ桜が開花、訪れた市民や観光客を喜ばせた。2月上旬には見ごろを迎える。
初日は午後1時からドラゴン橋でオープニングセレモニーを行い、中島幹雄観光協会会長、斉藤栄市長、あたみ桜の整備事業に多大な貢献をした篤志家の大塚実氏(大塚商会相談役名誉会長)、橋本一実県議、杉山利勝市議会副議長らが来賓のあいさつ。熱海芸妓衆があたみ桜を背景に舞いを披露し、地元の人気おやじバンド・糸川ベンチャーズが演奏した。新柳橋ではミス熱海が桜茶の無料サービス、渚橋には花見を楽しめるように露店がでた。
期間中は毎夜、川沿いであたみ桜をライトアップする。点灯時間は午後5~11時。同まつりは2月15日まで。

◇大塚実氏の話 昨年6月まで7年3カ月にわたり、熱海梅園の梅と紅葉の整備をやり、糸川も両側150メートルの並木を整備してあたみ桜を植えた。大好きなブーゲンビリアもはわせた。ジャカランダの400メートルの遊歩道も完成し、私も92歳。これでやれることは一応終わった。梅まつりも有料になり、観光客も増え、入湯税も2ケタの伸びを見せている。これで住民税を減らして移住する人を増やし、人口増につなげられれば…。それができれば、熱海にご恩返しができる。

◇中島幹雄熱海市観光協会会長の話 人口が増え、糸川のあたみ桜も、梅園の梅も例年より早く花が咲いている。毎週末、祝日には無料シャトルタクシー、バスも運行する。日本一早い梅と桜を同時に楽しんでほしい。

中島杉山裏メーンDSCN7189売店DSCN7193

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る