【まちづくり】「貫一・お宮なべを」振る舞う 仲見世振興会

筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「仲見世振興会」(椎野文夫会長)は17日、筆塚祭の神事終了後、仲見世通りの中央で温かい「貫一・お宮なべ」600人分を振る舞った。

「貫一鍋」は山の幸をふんだんに使ったトン汁。「お宮鍋」は海の幸アオサ入りのみそ汁。同振興会では商店街の活性化のために、2008年から毎年このイベントを開いている。

鍋をを楽しみに訪れた市民に尾崎紅葉祭や梅園梅まつりに向かう観光客も加わり、湯気の立つ2つの大鍋の前には長い列ができた。

なべ

 

 

鍋追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    鮮やか紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-25

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
ページ上部へ戻る