【まちづくり】「貫一・お宮なべを」振る舞う 仲見世振興会

筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「仲見世振興会」(椎野文夫会長)は17日、筆塚祭の神事終了後、仲見世通りの中央で温かい「貫一・お宮なべ」600人分を振る舞った。

「貫一鍋」は山の幸をふんだんに使ったトン汁。「お宮鍋」は海の幸アオサ入りのみそ汁。同振興会では商店街の活性化のために、2008年から毎年このイベントを開いている。

鍋をを楽しみに訪れた市民に尾崎紅葉祭や梅園梅まつりに向かう観光客も加わり、湯気の立つ2つの大鍋の前には長い列ができた。

なべ

 

 

鍋追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-23

    静岡県民限定1泊最大5000円割引 都の緊急事態宣言で5月末まで延長

    静岡県は、県民が県内で観光する場合に宿泊費を1泊最大5千円割り引く「今こそ!しずおか!!元気旅!!…
  2. 2021-4-23

    下松田町、銀座、温泉通りで町内会長が交代、熱海市町内会長連合会

    熱海市町内会連合会はこのほど、市役所4階会議室で4月定例会を開き、3町内会の会長交代が報告された。…
  3. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  4. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
ページ上部へ戻る