【まちづくり】「貫一・お宮なべを」振る舞う 仲見世振興会

筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「仲見世振興会」(椎野文夫会長)は17日、筆塚祭の神事終了後、仲見世通りの中央で温かい「貫一・お宮なべ」600人分を振る舞った。

「貫一鍋」は山の幸をふんだんに使ったトン汁。「お宮鍋」は海の幸アオサ入りのみそ汁。同振興会では商店街の活性化のために、2008年から毎年このイベントを開いている。

鍋をを楽しみに訪れた市民に尾崎紅葉祭や梅園梅まつりに向かう観光客も加わり、湯気の立つ2つの大鍋の前には長い列ができた。

なべ

 

 

鍋追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る