菅首相、熱海市伊豆山の土石流被災地視察 「激甚災害に匹敵する対応」約束

菅義偉首相は7月12日午後、熱海市伊豆山地区で起きた大規模土石流災害の被災現場を視察した。伊豆山神社近くから崩れた斜面の様子や住宅を確認したほか、警察や消防から行方不明者の捜索状況などについて説明を受けた。
その後、527人が避難しているニューフジヤホテルで被災者から話を聞き、齋藤栄市長、川勝平太県知事と今後の対応をめぐって意見を交わした。勝俣孝明衆院議員、越村修市議会議長が同席し、犠牲者に哀悼の意を表して始まった。
市長は① 被災自治体の復旧事業に国の補助金が上積みされる「激甚災害」指定②風評被害対策として、熱海の観光復興に向け、国の補助金による宿泊料の割引キャンペーン(復興割引)実施③様々な憶測記事が出ていることから、今回の土砂災害と盛り土の因果関係についての国による科学的、専門的な原因究明ーを要望した。


これに対し、首相は「想像を絶するような土石流だったと思う。できることは全てやる」と述べ、激甚災害の指定については「今回は住宅が非常に多く、適するかどうかは微妙な問題があると思うが、指定できなくともそれに匹敵する支援を行う」。復興割引、国による原因究明については「やる必要がある」と支援を約束した。

市長は「未曾有の災害で市民が現状、そして将来の生活再建に不安を抱いている中で、国のトップに足を運んでいただき、被災者に直接お声も…。意見交換会では、前向きな回答があり、今後の復旧復興に対してこれほど心強いことはない」と述べた。
(熱海ネット新聞)
被災現場視察の写真は菅義偉首相のfbより

甚大被害制度…http://www.bousai.go.jp/taisaku/pdf/seido.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る