【まちづくり】伊豆山港多目的広場に子どもたちが壁画 伊豆山の魅力をPR

 熱海建設業協会(大舘節生会長)は30日、伊豆山地区の魅力をアピールしようと、「伊豆山港多目的広場」の壁(高さ約1メートル、幅約40メートル)に地元の少年野球チームや小、中学生、熱海ビーチクラブメンバーに絵を描いてもらった。「土木の日」(11月18日)を記念した事業として実施した。

 同広場は2010年に完成。県が港の一角を埋め立てるなどして整備した。現在、地元の各種団体代表らでつくる伊豆山港多目的広場活用協議会が、利活用策を検討している。

 熱海では09年、熱海港耐震岸壁で防波堤用の巨大なケーソンに、市内の小中学生が「熱海」をテーマにしたイラストを描いたことがある。

壁画 使用前

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る