【まちづくり】伊豆山港多目的広場に子どもたちが壁画 伊豆山の魅力をPR

 熱海建設業協会(大舘節生会長)は30日、伊豆山地区の魅力をアピールしようと、「伊豆山港多目的広場」の壁(高さ約1メートル、幅約40メートル)に地元の少年野球チームや小、中学生、熱海ビーチクラブメンバーに絵を描いてもらった。「土木の日」(11月18日)を記念した事業として実施した。

 同広場は2010年に完成。県が港の一角を埋め立てるなどして整備した。現在、地元の各種団体代表らでつくる伊豆山港多目的広場活用協議会が、利活用策を検討している。

 熱海では09年、熱海港耐震岸壁で防波堤用の巨大なケーソンに、市内の小中学生が「熱海」をテーマにしたイラストを描いたことがある。

壁画 使用前

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る