【市政】寄贈カレンダーの無料配布に希望者殺到 開場前から120人の列

ニューイヤー・カレンダー・リサイクルフェアが7日、熱海市総合福祉センターで開かれ、来場者は1人2点まで好みのカレンダーを選んで持ち帰った。

カレンダーの入手が困難な高齢者や市民に無料で配布する事業で、市と県をはじめ、民間事業者、建設業組合、市民などから1332点の2014年版カレンダーが寄せられた。

今年で16回目の人気のフェア。開場の午前10時には希望者がどっと押し寄せ、120人の列ができたことから入場整理券を配り、30人ずつに制限する調整を施すほどの盛況ぶりだった。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-3-24

    伊豆多賀の春の風物詩、朝採り生ワカメ販売 今年は1カ月遅れで開催/わかめまつり

    熱海に春の訪れを告げる「わかめまつり」(実行委員会主催)が3月23日、長浜海浜公園・うみみえ…
  2. 2019-3-23

    テーマはグリーン、あす「海辺のあたみマルシェ」/熱海銀座通り商店街

    今年最初の「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が3月24日、熱海銀座通り商店街を歩行者天国にし…
  3. 2019-3-23

    共産党の新人は小坂幸枝氏、東海岸町の女性は出馬せず/熱海市議選

    健康上の理由で今期で引退する共産党・井沢共一市議(67)に代わって、元小学校教諭の小坂幸枝氏(72)…
  4. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
ページ上部へ戻る