【野球】新生「熱海中」が晴れの全国大会で入場行進 22日9時から天理中と初戦

 

第5回全日本少年春季軟式野球大会の開会式が21日、静岡市の草薙球場であり、熱海・小嵐中の野球部合同チームが胸をときめかせて入場行進した。

今大会は全国9ブロックと、開催県・静岡県の代表を合わせて32チームが出場、トーナメント戦で優勝を争う。同大会は中学版”選抜甲子園大会”の意味合いを持つ。

 

熱海・小嵐中は22日午前9時から清水庵原球場(静岡市)で天理中と1回戦をたたかう。天理中は奈良県大会1位、近畿大会2位の強豪。

試合には熱海中・小嵐中両校から約100名の応援団が繰り出す。

(熱海ネット新聞)
◇池田秀高監督(小嵐中教諭)
「全国大会では自分たちが今までやってきた野球がどれだけ通じるか試したい。部員たちは感謝の気持ちを忘れずに、県中学選抜で課題として残った走塁や連携プレーに取り組んでほしい」

 

 

開会式

 

atami

前日練習の新生「熱海中」の選手たち

 

 

勝ち上がり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-16

    熱海港と初島港を結ぶ富士急マリンリゾートは1月16日~2月15日まで、1日7便の運航を5便に減らす…
  2. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  4. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
ページ上部へ戻る