【野球】新生「熱海中」が晴れの全国大会で入場行進 22日9時から天理中と初戦

 

第5回全日本少年春季軟式野球大会の開会式が21日、静岡市の草薙球場であり、熱海・小嵐中の野球部合同チームが胸をときめかせて入場行進した。

今大会は全国9ブロックと、開催県・静岡県の代表を合わせて32チームが出場、トーナメント戦で優勝を争う。同大会は中学版”選抜甲子園大会”の意味合いを持つ。

 

熱海・小嵐中は22日午前9時から清水庵原球場(静岡市)で天理中と1回戦をたたかう。天理中は奈良県大会1位、近畿大会2位の強豪。

試合には熱海中・小嵐中両校から約100名の応援団が繰り出す。

(熱海ネット新聞)
◇池田秀高監督(小嵐中教諭)
「全国大会では自分たちが今までやってきた野球がどれだけ通じるか試したい。部員たちは感謝の気持ちを忘れずに、県中学選抜で課題として残った走塁や連携プレーに取り組んでほしい」

 

 

開会式

 

atami

前日練習の新生「熱海中」の選手たち

 

 

勝ち上がり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る