【野球】新生「熱海中」が晴れの全国大会で入場行進 22日9時から天理中と初戦

 

第5回全日本少年春季軟式野球大会の開会式が21日、静岡市の草薙球場であり、熱海・小嵐中の野球部合同チームが胸をときめかせて入場行進した。

今大会は全国9ブロックと、開催県・静岡県の代表を合わせて32チームが出場、トーナメント戦で優勝を争う。同大会は中学版”選抜甲子園大会”の意味合いを持つ。

 

熱海・小嵐中は22日午前9時から清水庵原球場(静岡市)で天理中と1回戦をたたかう。天理中は奈良県大会1位、近畿大会2位の強豪。

試合には熱海中・小嵐中両校から約100名の応援団が繰り出す。

(熱海ネット新聞)
◇池田秀高監督(小嵐中教諭)
「全国大会では自分たちが今までやってきた野球がどれだけ通じるか試したい。部員たちは感謝の気持ちを忘れずに、県中学選抜で課題として残った走塁や連携プレーに取り組んでほしい」

 

 

開会式

 

atami

前日練習の新生「熱海中」の選手たち

 

 

勝ち上がり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る