【天体】今夜~あす明け方にオリオン座流星群ピーク 熱海でも見られます

秋の天体イベント“オリオン座流星群”が、今夜ピークを迎える。国立天文台によると、今年の流星群は、21日夜~22日早朝が、観測に適した時間帯になるという。特に月が沈む21日24時頃から早朝にかけては、月明かりの影響もなく観測におすすめとのこと。
熱海ネット新聞は21日未明、熱海湾上空のオリオン座流星群を追いかけたが、見事に失敗。映っている左下の「……」は飛行機の点滅シグナル。月の沈む今夜午前0時頃から夜明けまでが、熱海でも見ごろを迎える。

◆オリオン座流星群 全流星群の中で2番目に速度が速い流星群。そのため、明るい流星が多く、観測しやすい流星群。母彗星はハレー彗星。毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。2006年には1時間に50個以上も観察。オリオン座の右腕のあたりに放射点を持つオリオン座流星群が現れる。

chart

イラスト=アストロアーツより

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る