【天体】今夜~あす明け方にオリオン座流星群ピーク 熱海でも見られます

秋の天体イベント“オリオン座流星群”が、今夜ピークを迎える。国立天文台によると、今年の流星群は、21日夜~22日早朝が、観測に適した時間帯になるという。特に月が沈む21日24時頃から早朝にかけては、月明かりの影響もなく観測におすすめとのこと。
熱海ネット新聞は21日未明、熱海湾上空のオリオン座流星群を追いかけたが、見事に失敗。映っている左下の「……」は飛行機の点滅シグナル。月の沈む今夜午前0時頃から夜明けまでが、熱海でも見ごろを迎える。

◆オリオン座流星群 全流星群の中で2番目に速度が速い流星群。そのため、明るい流星が多く、観測しやすい流星群。母彗星はハレー彗星。毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。2006年には1時間に50個以上も観察。オリオン座の右腕のあたりに放射点を持つオリオン座流星群が現れる。

chart

イラスト=アストロアーツより

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る