【市政】伊豆山地区は12.13%の大幅増 7月の入湯税

熱海市が発表した7月の入湯税課税状況によると、課税者数(宿泊者数)は旅館・ホテルと寮・保養所を合わせた302施設で19万1872人。前年同月比で2307人、1・22%の増加だった。

課税額(宿泊と休憩の合計)は2931万1800円(前年同月比1・72%増)。課税額の前年同月比を地区別で見ると、熱海0・66%増、伊豆山12・13%増、泉0・4%減、南熱海2・65%増。伊豆山地区の増加は東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山& VIALA」の開業が寄与していると思われる。

業種別の課税額の前年同月比は、旅館・ホテルが3・14%増、寮・保養所が5・88%減だった。

東急はーべすと

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  2. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  3. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
  4. 2020-9-17

    ホテル「ISHINOYA熱海」オープン 斜面型集合住宅「熱海パサニア」改修

    全国で貸し会議室や宿泊研修ホテルを手がけるティーケーピー(TKP、本社・東京都新宿区)は9…
ページ上部へ戻る