【市政】岡本ホテル跡地に図書館と市民ホール 17年度に供用開始

熱海市の斉藤栄市長は25日の定例会見で、熱海岡本ホテル跡地について「図書館」と「市民ホール」を考えているとし、来年夏をめどに骨子をまとめる考えを明かした。

来年4月に売買契約を交わし、16年度中に着工。市制施行80周年に当たる2017年度中の施設供用開始を目指す方針。

◇斉藤市長 「現在の市立図書館の賃料負担は大きい。この機会に、先進事例を研究して熱海らしい図書館を整備していきたい。市民ホールは熱海にとって必要な施設だと考えている。運営の効率化のため、公民連携についても研究したい」

斉藤市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る