【市政】岡本ホテル跡地に図書館と市民ホール 17年度に供用開始

熱海市の斉藤栄市長は25日の定例会見で、熱海岡本ホテル跡地について「図書館」と「市民ホール」を考えているとし、来年夏をめどに骨子をまとめる考えを明かした。

来年4月に売買契約を交わし、16年度中に着工。市制施行80周年に当たる2017年度中の施設供用開始を目指す方針。

◇斉藤市長 「現在の市立図書館の賃料負担は大きい。この機会に、先進事例を研究して熱海らしい図書館を整備していきたい。市民ホールは熱海にとって必要な施設だと考えている。運営の効率化のため、公民連携についても研究したい」

斉藤市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  2. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
  3. 2020-9-17

    ホテル「ISHINOYA熱海」オープン 斜面型集合住宅「熱海パサニア」改修

    全国で貸し会議室や宿泊研修ホテルを手がけるティーケーピー(TKP、本社・東京都新宿区)は9…
  4. 2020-9-17

    【お悔やみ】渡辺悦男さん(熱海市桜町)9月16日死去 そば悦創業者

    渡辺悦男さん(わたなべ・えつお)9月16日死去、81歳。熱海市桜町。そば悦創業者。通夜18日午後6…
ページ上部へ戻る