【市政】大塚商会名誉会長の厚意を継承 「梅園ボランティア」が総会

 

熱海梅園を維持管理する「梅園ボランティア」の総会が27日、熱海市役所4階会議室で開かれ、平成25年度の作業報告と平成26年度の作業日程を承認した。

「梅園ボランティア」は大塚実・大塚商会名誉会長が平成19年から3年に渡って総額1億3000万円を費やし、市が熱海梅園をリニューアルしたのを受け、「市民の梅園は市民で守ろう」という斉藤市長の呼び掛けで平成22年4月にスタート。現在、5団体16人が登録し、今年度は毎月第3週の7日間(延べ73日)に延べ480人が草取りなどを行った。

 

市によれば、造園の専門家に委託していた軽作業を「梅園ボランティア」にお願いすることで、浮いた経費をより専門的な業務にあてているという。

 

斉藤栄市長は「大塚さんは、どんな表彰や勲章より、地元の人に大切にしていただいているのを喜んでおられる」と感謝の言葉を述べた。一方、参加者からは「毎回、家族に送ってもらえるとは限らない。坂もあり、梅園までの往復の交通手段を確保していたければ、もっと参加者が増えるのでは」の提言もあった。

 

新年度も毎月第3週に実施(日、時間帯は自由)。市は参加者を募集している。問合せは熱海市整備課公園緑地室0557-86ー6218へ。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

◇作業内容 雑草抜き、雑草刈り、ごみ拾い

◇作業道具 軍手、鎌などは市が用意

◇貸与品 作業用ウインドブレーカー

 

 

市長ぼら

あいさつする斉藤栄市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る