【市政】大塚商会名誉会長の厚意を継承 「梅園ボランティア」が総会

 

熱海梅園を維持管理する「梅園ボランティア」の総会が27日、熱海市役所4階会議室で開かれ、平成25年度の作業報告と平成26年度の作業日程を承認した。

「梅園ボランティア」は大塚実・大塚商会名誉会長が平成19年から3年に渡って総額1億3000万円を費やし、市が熱海梅園をリニューアルしたのを受け、「市民の梅園は市民で守ろう」という斉藤市長の呼び掛けで平成22年4月にスタート。現在、5団体16人が登録し、今年度は毎月第3週の7日間(延べ73日)に延べ480人が草取りなどを行った。

 

市によれば、造園の専門家に委託していた軽作業を「梅園ボランティア」にお願いすることで、浮いた経費をより専門的な業務にあてているという。

 

斉藤栄市長は「大塚さんは、どんな表彰や勲章より、地元の人に大切にしていただいているのを喜んでおられる」と感謝の言葉を述べた。一方、参加者からは「毎回、家族に送ってもらえるとは限らない。坂もあり、梅園までの往復の交通手段を確保していたければ、もっと参加者が増えるのでは」の提言もあった。

 

新年度も毎月第3週に実施(日、時間帯は自由)。市は参加者を募集している。問合せは熱海市整備課公園緑地室0557-86ー6218へ。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

◇作業内容 雑草抜き、雑草刈り、ごみ拾い

◇作業道具 軍手、鎌などは市が用意

◇貸与品 作業用ウインドブレーカー

 

 

市長ぼら

あいさつする斉藤栄市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
  2. 2019-3-22

    今年最高の21・3度 大湯間欠泉前のソメイヨシノ、一気に満開

    東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表される中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、…
  3. 2019-3-22

    熱海まち歩きガイドの会、10周年祝賀会 足跡と思い出つづり記念誌制作

    熱海市の観光地ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子会長)は3月20日、銀座…
  4. 2019-3-21

    壮観、川口健後援会が総決起大会 南熱海の向こう三軒両隣、総出で応援

    熱海市議選に立候補を表明している現職・川口健氏(51、自民)の後援会は3月20日夜、…
ページ上部へ戻る