【市政】大塚商会名誉会長の厚意を継承 「梅園ボランティア」が総会

 

熱海梅園を維持管理する「梅園ボランティア」の総会が27日、熱海市役所4階会議室で開かれ、平成25年度の作業報告と平成26年度の作業日程を承認した。

「梅園ボランティア」は大塚実・大塚商会名誉会長が平成19年から3年に渡って総額1億3000万円を費やし、市が熱海梅園をリニューアルしたのを受け、「市民の梅園は市民で守ろう」という斉藤市長の呼び掛けで平成22年4月にスタート。現在、5団体16人が登録し、今年度は毎月第3週の7日間(延べ73日)に延べ480人が草取りなどを行った。

 

市によれば、造園の専門家に委託していた軽作業を「梅園ボランティア」にお願いすることで、浮いた経費をより専門的な業務にあてているという。

 

斉藤栄市長は「大塚さんは、どんな表彰や勲章より、地元の人に大切にしていただいているのを喜んでおられる」と感謝の言葉を述べた。一方、参加者からは「毎回、家族に送ってもらえるとは限らない。坂もあり、梅園までの往復の交通手段を確保していたければ、もっと参加者が増えるのでは」の提言もあった。

 

新年度も毎月第3週に実施(日、時間帯は自由)。市は参加者を募集している。問合せは熱海市整備課公園緑地室0557-86ー6218へ。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

◇作業内容 雑草抜き、雑草刈り、ごみ拾い

◇作業道具 軍手、鎌などは市が用意

◇貸与品 作業用ウインドブレーカー

 

 

市長ぼら

あいさつする斉藤栄市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る