【梅桜】お客さんの服装が「ダーク系」からカラフルに 今日(22日)の熱海梅園の様子

 

早咲きの「八重野梅」「八重寒紅」「冬至梅」などが咲き出していますが、全体的には「1分咲き」とのこと。

それより、春が近いことを思わせるように、来園者の服装がダーク系の分厚いダウンジャケットから

ピンク、黄色、ライトブルーといった明るいライトダウンに変わってきています。

 

◇開花情報 1/20現在
・梅(全473本) 161本開花(0.81分咲)
八重寒紅、冬至梅、八重野梅、紅冬至など
・ロウバイ、スイセン、クサボケ 開花

 

DSC_2655ss

【写真】珈琲専科「讃」=羽田剛さん撮影 1月22日

 

糸川の「あたみ桜」も単発ではなく、集団で開花しつつあります。

コピー ~ 糸川1月22日

糸川沿道の「あたみ桜」 1月22日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る