【梅桜】暦の上では「立春」 たしかに春らしさを感じます 今日(4日)の熱海梅園の様子

 

今日は立春、暦の上では「春」ですが、伊豆スカイライン

の熱海峠ではチェーン必要の交通情報。

 

熱海梅園も4月上旬の陽気だった前日とはうって

変わり、2月に逆戻りした感じです。

それでもご覧のように雰囲気的には春の風景。

雨上がりの木々の緑と梅花のピンクと赤、白の

組み合せが絶妙。すっかり春の装いです。

 

しだれ

 

さて、足湯のところに「呉服枝垂 (くれはしだれ)」

が咲いていました。お気に入りの一つです。

ところが、ガイドの人が「これはごふくしだれ」

と自信たっぷりの説明―。

 

熱海市ではずっと「くれは」と呼んでいたので

「ええっ」と思って表札を見ると「ごふく」の文字。

 

何年も梅園をウォッチングしているの…。

うーん、こういうこともあるんですねえ。

 

【文と写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん=2月4日

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る