【文化】没後150年、3年ぶりに義人「釜鳴屋平七」をしのぶ供養祭

江戸時代、漁民の生活を守るために立ちあがった義人、釜鳴屋平七をしのぶ供養祭が命日の4日、熱海市のムーンテラスの平七記念像前で3年ぶりに行われた。山田芳和実行委員長の挨拶のあと、来賓を代表して斉藤栄市長、橋本一実県議が挨拶、参列者が献花した。

今年は没後150年の節目にあたることから、市民有志が実行委員会をつくり、3年ぶりに平七記念像前での供養祭を復活させた。市民や平七の子孫ら約50人が参列して献花を行い、平七の遺徳をしのんだ。

熱海銀座通りにある「釜鶴」は、釜鳴屋平七の三男が興した老舗のひもの店。この日は平七から数えて6代目の子孫・二見雄三さんも家族とともに参列、遺族代表として御礼の言葉を述べた。

◆釜鳴屋平七 江戸末期、熱海で起きたマグロ漁の利権をめぐる網元と漁民との漁業権紛争で、網元でありながら漁民の生活を守るために一揆の先頭に立ち、韮山代官所に直訴。その罪で捕らえられ、5年間の獄舎生活の後、八丈島に送られる途中、1863年に伊豆大島で35歳歳で死去したという。

釜つる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る