【文化】没後150年、3年ぶりに義人「釜鳴屋平七」をしのぶ供養祭

江戸時代、漁民の生活を守るために立ちあがった義人、釜鳴屋平七をしのぶ供養祭が命日の4日、熱海市のムーンテラスの平七記念像前で3年ぶりに行われた。山田芳和実行委員長の挨拶のあと、来賓を代表して斉藤栄市長、橋本一実県議が挨拶、参列者が献花した。

今年は没後150年の節目にあたることから、市民有志が実行委員会をつくり、3年ぶりに平七記念像前での供養祭を復活させた。市民や平七の子孫ら約50人が参列して献花を行い、平七の遺徳をしのんだ。

熱海銀座通りにある「釜鶴」は、釜鳴屋平七の三男が興した老舗のひもの店。この日は平七から数えて6代目の子孫・二見雄三さんも家族とともに参列、遺族代表として御礼の言葉を述べた。

◆釜鳴屋平七 江戸末期、熱海で起きたマグロ漁の利権をめぐる網元と漁民との漁業権紛争で、網元でありながら漁民の生活を守るために一揆の先頭に立ち、韮山代官所に直訴。その罪で捕らえられ、5年間の獄舎生活の後、八丈島に送られる途中、1863年に伊豆大島で35歳歳で死去したという。

釜つる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る