散り様の美、朝に咲いて夕には落ちるナツツバキ 澤田政廣記念美術館で咲く

仏教の開祖・釈迦がその樹下で入滅した沙羅双樹(さらそうじゅ)として知られるナツツバキが、熱海梅園に隣接する澤田政廣記念美術館横で涼しげな白い花をつけ始めた。
ナツツバキは、朝に咲いて夕には落ちてしまうことから、生のはかなさを象徴する花とされ、平家物語の冒頭にも登場する。同美術館には開館した33年前に4本のナツツバキが植栽され、毎年、この時期になると、はかなく散り、建物を囲む小川を流れる風情を求めて市内外から花愛好家が訪れる。
6月9日の熱海は、今年最高気温28・9度。7月下旬の陽気となり、熱海梅園では涼をとる人たちが、新緑が際立つ園内を散策した。
(熱海ネット新聞)
写真=6月9日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る