散り様の美、朝に咲いて夕には落ちるナツツバキ 澤田政廣記念美術館で咲く

仏教の開祖・釈迦がその樹下で入滅した沙羅双樹(さらそうじゅ)として知られるナツツバキが、熱海梅園に隣接する澤田政廣記念美術館横で涼しげな白い花をつけ始めた。
ナツツバキは、朝に咲いて夕には落ちてしまうことから、生のはかなさを象徴する花とされ、平家物語の冒頭にも登場する。同美術館には開館した33年前に4本のナツツバキが植栽され、毎年、この時期になると、はかなく散り、建物を囲む小川を流れる風情を求めて市内外から花愛好家が訪れる。
6月9日の熱海は、今年最高気温28・9度。7月下旬の陽気となり、熱海梅園では涼をとる人たちが、新緑が際立つ園内を散策した。
(熱海ネット新聞)
写真=6月9日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る